地球サミット2012 Japan --EarthSummit2012 Japan--

home_image_new.pnghome_image_new.png

home.pnghome.png

about.jpgabout.jpg

events.jpgevents.jpg

projects.jpgprojects.jpg

partners.jpgpartners.jpg

road_to_rio20_small.jpg


第5回 「貧困削減のために、リオ+20が達成しうること」

  • 2000年の国連総会で採択されたミレニアム宣言を基にまとめられた「ミレニアム開発目標(MDGs)」。貧困の半減という目標の達成期限まで残り 5年となった昨年のレビューサミットでは、「格差」に焦点が当てられました。しかし、2008年のリーマンショック以降、各国の関心は経済成長の回復に移っており、経済成長と貧困削減の関係についての議論が改めて求められています。
  • また、21世紀に入ってからの気候変動に代表される環境問題の深刻化や経済危機の発端となった金融セクターの暴走は、飢餓の増大という形で今後途上国の貧困層の肩に一層重くのしかかることが見込まれており、今後の世界経済の持続可能性は、環境と開発という公共財を中心に据えた経済モデルへの転換にかかっていると言っても過言ではありません。今回のセミナーでは、この歴史的分岐点に立つ私たちが、どのような視座を持ってリオ+20に臨むべきなのかを考えます。
  • ■日  時: 2011年7月20日(水)18:30~20:00
  • ■場  所: 世界銀行情報センター(PIC東京)
    • 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階(ロビー)
    • 地下鉄三田線内幸町駅直結、日比谷線・千代田線・丸の内線霞ヶ関駅C3出口
  • ■講  師:
  • 山田 太雲さん
  • (特活)オックスファム・ジャパン アドボカシー・マネージャー
  • 世界98カ国で人道・開発支援を行う国際NGOオックスファムの日本法人で政策提言や各種発信活動を担当。主に貧困層の教育・保健サービスへの権利実現のためのODA拡大・改善を日本政府に働きかけてきた。ミレニアム開発目標に関する本邦市民社会のアドボカシー活動のリード、調整を担う。今後は気候変動や食料安全保障分野にも活動範囲を拡大する予定。2002年より現職。2000年、英国立セント・アンドリュース大卒(国際関係学修士)。
  • ■参加費: 無料
  • ■使用言語: 日本語

参加申込み受付中!
(世界銀行東京事務所ウェブサイトから)


  • ※この企画は「独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金」の助成を受けて開催されます。