about_concept_proposals_prepcom of 地球サミット2012 Japan --EarthSummit2012 Japan--

home.pnghome.png

about.jpgabout.jpg

events.jpgevents.jpg

projects.jpgprojects.jpg

partners.jpgpartners.jpg

about TOP> concept > 2つの提案> 日本への提案:国内準備委員会

prop1_1.jpg

forum5.jpg

政府・企業・市民の対話から、新しい日本のビジョンを発信

「地球サミット2012 Japan」は、政府、経済界、労働組合、消費者団体、NPO/NGOなど、様々なステークホルダーの代表が対等な立場で参加し、世界に発信する日本のコンテンツを検討する国内準備委員会の設置を政府などに提案しています。

 具体的には、2010年10月以降、「社会的責任に関する円卓会議」等の場で、国内準備委員会の設置とその制度設計を提案してきました。2011年春に取りまとめが行われる見込みです。

 国内準備委員会の設置を巡る円卓会議での議論については、こちらをご覧下さい。(工事中)


274532187_a9cc3907ed_z.jpg

5120519517_4a9da9ef56_o.jpg

地球サミットを源流とする、協働のための新しいガバナンス

この提案のコンセプトの根底には、“マルチステークホルダー・プロセス”という、多様なステークホルダーが参加した新しいガバナンスの考え方があります。

その思想的な源流は、1992年のリオの地球サミットにあります。すなわち、持続可能な発展の達成のためには、国連や政府だけでなく、様々な団体や個人がそのプロセスに参加し、それぞれの役割を果たすことが不可欠であるとの考えです。

今回の地球サミットでも、国連はマルチステークホルダー・プロセスによる国内準備委員会の設置を各国に奨励しています。「地球サミット2012 Japan」の提案はこれに沿ったものです。

マルチステークホルダー・プロセスとは >>もっと詳しく(工事中)

about_logo.jpg

about_top.jpgabout_top.jpg

message.jpgmessage.jpg

concept2.jpgconcept2.jpg

organization.jpgorganization.jpg

media.jpgmedia.jpg

contact.jpgcontact.jpg